トップページ > 高校生小論文コンクール

高校生小論文コンクール

今までの高校生小論文コンクール

教育公開講座

筑南ジュニア 美術展

最新の財団通信

財団通信一覧

高校生小論文コンクール

「今こそ大志を語れ」をテーマにしたこの高校生小論文コンクールは、九州・山口・島根地区を中心に全国の高校生を対象に、副題を自由に、自分の未来、人生の夢や目標、今熱中していること、高校生活、ボランティア活動などの身近な関心事から、福祉・教育問題、自然環境などの社会的な提言に至るまで、さまざまな作品が寄せられています。
財団では、読売新聞西部本社との共催で、福岡県をはじめとする九州・山口・島根・広島・沖縄地区の各県教育委員会等からの後援、帝京大学グループの特別協賛を受けて、秋に実施しているものです。

第22回高校生小論文コンクール 審査結果発表

このたび第22回高校生小論文コンクールは、2020年10月31日に応募を締め切り、個人部門で11,287名、グループ部門で26作品の応募があり、参加校は過去最高の278校になりました。11月に予備審査を行い、12月6日に最終審査で下記のとおり受賞者・受賞校が決定致しました。引き続き、第23回高校生小論文コンクールをよろしくお願い致します。募集要項については、4月に発表させていただく予定です。

第22回 優秀作品
第22回 受賞者受賞校

高校生小論文コンクール いままでの優秀作品紹介
クリックで、年度(回)毎の優秀作品をPDFで閲覧いただけます。

このページのトップへ